禁止されることなくInstagramアクティビティを自動化する方法

専用のボット、アプリ、クラウドサービスを使用してInstagramアクティビティを自動化することは、エンゲージメント率とフォロワー数を増やすために広く使用されている方法です。ただし、自動化は、プラットフォームで禁止されているため、Instagramアカウントを宣伝するための安全な方法ではありません。理由は明らかです。ユーザーが第三者のサービスを使用するのではなく、a href="https://business.instagram.com/advertising/" rel="noopener noreferrer" target="_blank">>広告を購入することはInstagramの利益のためです。

Instagramは、アクティビティの自動化をより困難にするために、毎年さまざまな変更を導入しています。しかし、以前のアップデートはいずれも、2019年夏のInstagramの変更と重大度及び規模を比較することはできません。これらには、1時と1日にあたりのアクティビティ制限の半分以上の削減、スパムと見なされるシナリオの数への明らかな追加が含まれています。

That's why it's so important to follow all known safety rules when automating Instagram activity, regardless of whether you are using Combin Growth or some other service. Check the list of recommendations below and make sure that you adhere to them when automating your Instagram activity.

重要なもの! 指定されたすべての推奨事項に従うことは、100%安全性を保証するものではありません。Instagramは特定のルールとアクションの制限を開示していないため、アカウントの禁止やその他の種類の罰の理由の完全なリストは不明です。Combinチームは、個人的な経験とCombinユーザーレポートから、また、他のInstagram自動化ユーザーによるトピックに関する公開共有情報の調査と収集から、以下の情報を取得しました。

Instagramプロフィールを情報なしで放置しないでください

当たり前のように思えるかもしれませんが、この単純なことが、プラットフォーム上で確立する機会を得る前に一部のアカウントを危険にさらすものです。必ずプロフィール写真をアップロードし、自己紹介に情報を追加し、いくつかの投稿を公開してください。プロフィールが本物のように見えるので、自分または会社の実際の写真があって最適です。空のアカウントのInstagramアクティビティを自動化することは避けてください。これは、すぐに禁止を取得する確実な方法です。

電話番号とメールアドレスを確認してください

繰り返しますが、多くのトラブルから救う小さな基本的なことです。メールアドレスと電話番号の確認は、アカウントを実行している実在の人物やボットのかどうか、Instagramにとって確かな証拠です。プロファイルに電話番号を付けずにメールアドレスだけ確認したアクティブなアカウントに対して、Instagramが行動をとる場合が多いため、メールアドレスと電話番号の両方を必ず確認してください。

新しく作成したInstagramアカウントのアクティビティを自動化しないでください

新しいアカウントを作成したばかりの場合は、急いですぐに手動でアクティビティを自動化したり、フォローしたり、手動でコメントしたりすることをお勧めします。これはスパムアカウントの一般的な動作であり、Instagramに流す方法はありません。

自動化の方法を知らず、できるだけ多くの注目を集めるという目標を達成しなかった場合に、プラットフォームでどれほどアクティブになるか想像してみてください。たぶん数十のフォローワと「いいね!」、もしあればいくつかのコメントでしょう。Instagramでの最初の2か月間は、1日及び1時あたりの適度な行動の量を維持し、フォロー中、「いいね!」、コメントの数を徐々に増やします。

一貫したInstagram投稿の公開スケジュールを維持する

Being active in interaction with others on the platform and sporadically (or never) posting something of your own to the account is not good in Instagram’s book. Though it’s not as bad as blatant mass-following on a day old account, it’s still rises suspicion, plus significantly reduces the reach and engagement rate. You don’t have to post every day or even every other day, the most important thing is consistency. Once you established convenient regular posting schedule, try your best to maintain it. You can try Combin Scheduler to get the publishing consistency question out of the way for good.

複数のアカウントの自動アクティビティ時にプロキシを使用する

2019年以前にInstagramマーケティングを利用し始めた場合、1つのIPアドレスから最大5つのInstagramアカウントを安全に管理できたことを覚えているでしょう。まあ、それはそうではありません。プラットフォームが2019年に更新されて以来、1つのIPからわずか2つのInstagramアカウントのアクティビティを自動化することは危険になってきました。

プラットフォームは、アカウントがログインしたIPアドレスの記録を開始し、それをアカウントに割り当てたと言われています。同じIPからさらにログインが検出された場合、またはアカウントが通常とは異なるIPアドレスからログインした場合、Instagramはそれを疑わしいと見なします。同じアドレスからの複数の異なるアカウントの承認試行とアクティビティ全体の繰り返しが禁止につながります。

Combin Growth, as well as many other Instagram automation tools, offers the possibility to simulate connection from different places using an in-app proxy setup. It allows changing IP for all accounts at the same time, as well as set different proxy for each account. Learn where to find proxy to protect your Instagram accounts from blocking.

自分のアクティビティ制限を覚え、それを超えない方が良い

一括アクティビティは、Instagramのオーディエンスの成長に効果的であり、不注意に管理するとアカウントを破壊します。アクティビティの自動化を開始する前に、制限を決定することをお勧めします。1日に手動でするフォロー、「いいね!」、コメントの数を数え、自動化ツールの使用を開始するときにこの情報を考慮します。ゆっくりと開始し、通常するアクションを少なく設定してから、数日ごとに徐々に数を増やしていきます。許可されるアクションの数を監視し、常にそれらのアクションの数超えない方が良いです。 突然の活動のピークは深刻な影響につながります。

一括コメントに慎重にアプローチする

Of all types of activity, commenting is by far the most sensitive when it comes to automation and safety. The bottom line here is to tailor all comments to each account and situation specifically, otherwise an out-of-place comment may be noticed and reported by the receiver even faster than by the Instagram algorithm. Don’t comment with a transparent intention of promotion and avoid one-word or all-emoji comments like fire. See our dedicated article on safe Instagram mass-commenting for more information.

スパムのような動作を避ける

Instagramアカウントが禁止される理由は、自動化だけではありません。 ユーザーがアクティビティの自動化をうまくやることができたケースはたくさんありましたが、自動化に関係のないアクションが原因でアカウントが失敗します。前述のように、空のプロファイル、大ざっぱなコメント、またはブランドが他のInstagramユーザーの投稿のみを再投稿する場合など、本物のコンテンツが存在しない場合があります。リストは長くなる可能性があり、Instagramでスパムのように見なされるすべてのケースと動作を知ることはできません。経験則では、適用する前に「自然に見えますか?」という質問で意図するアクションを修正します。あなたのアカウント、コンテンツ、オーディエンスが危うくなることを覚えておいてください。Instagramの自動化と全体的なアクティビティに注意してください。