Combinのユーザーリスト、検索およびタスク履歴をバックアップする方法

さまざまな理由や状況により、Combinデータのバックアップが必要になることがあります。セーフリスト, フォローをやめるリスト, 非表示されたリストというユーザーリストと操作や検索履歴などです。アカウント情報がアプリケーション内でログアウトした後に失われるということです。

パスワードを変更した後にパスワードを再入力する必要がある場合や、フォロー中/フォロワー数に関する情報を手動で更新する必要がある場合は、アカウントからログアウトしないでください。その代わりに再ログイン機能を使用してください 。(%username%に再ログインしてください)検索、タスク、ユーザーリストを失うことなく情報を更新できるようにするより安全なオプションです。

Combin内にInstagramのアカウントを管理するために使用するコンピュータを変更したり、ログアウトの理由が他にもある場合、すべての情報は再び入力する必要がなく、ログインする次回に残っている方法です:

アプリケーションフォルダを見つける

Combinフォルダを見つけるには、2つの方法があります。 一番目は、OSに応じて、次のパスによる手動検索です:

Windows: C:/Users//AppData/Local/Open Media LLC/Combin/Combin/

Mac: ~/Library/Application Support/Open Media LLC/Combin/Combin/

Linux: ~/.local/share/Open Media LLC/Combin/Combin

この方法は、常にWindowsとLinuxのユーザーが正常に実行されましたが、Macユーザーは、Mac OSがデフォルトでいくつかのライブラリのフォルダを持っているという事実のため、上記のパスでフォルダを見つけることができません。

あなたがMacユーザーで、同じ問題が発生した場合は、次のことをするべきです:

「Finder」>「Go」メニューを開き、キーボードのOptionボタンを押します。 その後、追加の 'ライブラリ'オプションが表示されます。 「ライブラリ」をクリックし、そこにApplication Supportフォルダを見つけて、 「Open Media LLC」と 「Combin」フォルダをそれぞれ探してください。

アプリケーションフォルダを見つけるための第2の方法は、Combinを直接経由するもので、すべてのオペレーティングシステムで共通です。

1. Combinを終了します。 トレイ/タスクマネージャで開いていないことを確認してください。

2. アプリケーションを起動します。

3. キーボードのAlt / Optionボタンを3回押します。

4. 「Show Data Directory」というオプションがメニューの「ヘルプ」セクションに表示されます。

5. 「Show Data Directory」をクリックすると、アプリケーションフォルダが自動的に開きます。

「Show Data Directory」をクリックすると、アプリケーションフォルダが自動的に開きます。

アプリケーションデータのバックアップ

アプリケーションフォルダを開いたら、次のいずれかを実行してデータをバックアップできます。

アプリケーションからログアウトする前に、フォルダを「Combin」から別の名前に変更します。再ログインした後、アプリケーションを終了し、フォルダの名前を「Combin」に変更してアプリケーションを起動します。

Combinフォルダに含まれるログファイルの中で 「context.db」というデータベースファイルを見つけ、アプリケーションからログアウトする前に、コンピュータの他のフォルダ/ディスクに移動します。再ログインした後、アプリケーションを終了し、データベースファイルをアプリケーションフォルダに移動し、Combinを再度起動します。

「Show Data Directory」をクリックすると、アプリケーションフォルダが自動的に開きます。

その後、Combin内でInstagramアカウントにログインすると、実行された検索や、その結果に関する情報や、前回と現在の操作のタスク、セーフリスト、ブラックリスト、フォローをやめるリストの内容などがバックアップして復元されます。

Combinでフォロワーの成長を今すぐ開始します

Combinでフォロワーの成長を今すぐ開始します

メールは途中です!

Mac、Windows、またはLinuxに戻ったときにCombinをダウンロードするよう通知しました。メールボックスをチェックしてください!